鳴子温泉の魅力

湯宿はもちろんのこと、江戸時代に開設された共同浴場の滝の湯や、昭和23年(1948)に早稲田大学の学生がボーリングの実習で掘り当てた鳴子・早稲田桟敷湯もある。
ここではバラエティ豊かな温泉三昧を楽しみたい。
痩せ菌をラクビサプリで増やす 口コミは本当?

また、鳴子といえば180年余りの歴史を誇る鳴子こけしで有名。
微笑むような優しい表情の鳴子こけしは、首を回すとキュッキュッと音がする「首入れ」という独特の製法で、温泉街の土産物店で手に入れることができる。
また、東北各地のこけしを中心に約7000体を展示する日本こけし館もあるので、時間があればぜひ立ち寄ってみたい。
こけしの絵付け体験もできる。

もう一つ鳴子温泉には魅力がある。
それは江合川の支流、大谷川が大地を侵食した鳴子峡だ。
大谷橋から中山平入り口に及ぶ約2・5kmに渡る渓谷で、特に秋は紅葉の名所として名高い。
カエデやタカノツメなどの樹木が一斉に色づくさまは見事だ。
峡谷沿いには遊歩道も設けられている。
桃花スリムの口コミ・副作用|便秘に効くお茶